古物商許可申請

古物商許可申請の概要

古物営業を営むには?

 新たに古物営業(リサイクルショップ、中古車販売、古美術商など)を始める人は、各都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。
 なお、自宅用に使用する目的で購入して不要になったものなどをフリーマーケットやネットオークションで販売するだけであれば、許可を受ける必要はありません。

古物とは?

 「古物」とは、1)一度使用された物品 2)新品でも使用のために取り引きされた物品 3)これらのものに幾分の手入れをした物品をいいます。
 そして、古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

 美術品類(書画、彫刻、工芸品等)
 衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)
 時計・宝飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等)
 自動車(その部分品を含む。)
 自動二輪車及び原動付自転車(これらの部分品を含む。)
 自転車類(その部分品を含む。)
 写真機類(写真機、光学器等)
 事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、ワードプロセッサー、ファクシミリ等)
 機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
 道具類(家具、じゅう器、運道用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード等)
 皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)
 書籍
 金券類(商品券、乗車券、及び郵便切手その他証票等)

古物営業とは?

 古物営業には、以下の3種類があります。

古物商

 古物を、自ら売買・交換、委託販売などの営業を行う場合、盗品等の混入のおそれを防ぐため、古物営業法により各都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。その許可をうけて営業を行う者を「古物商」といいます。

古物市場主

 古物商間での古物の売買、交換を行う市場(古物市場)を営む場合、各都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。その許可を受けた者を「古物市場主」といいます。

古物競りあっせん業

 古物競りあっせん業(インターネット・オークション)とは、インターネットを利用して、古物を売却しようとする者と買い受けようとする者との間でオークション(競り)が行われるシステムを提供する営業のことをいいます。
 インターネット・オークションを営む者を「古物競りあっせん業者」といい、公安委員会への「届出」が義務付けられています。

許可を受けられない場合

 以下に該当する人は、許可を受けられません。

  1. 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者
  2. 禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
  3. 住居の定まらない者
  4. 古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
  5. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者