遺言書

遺言書の概要

遺言とは?

 遺言とは、ある人の人生最後の意思を、死後においても尊重させようとする制度です。遺言は、主に所有財産の処分に関して利用されますが、子を認知したり、子が未成年者である場合に、その後見人を指定したりすることにも利用できます。また、遺言執行者の指定もできます。
 遺言は、一般的には「ゆいごん」と言われていますが、法律用語では「いごん」と称します。

遺言はいつからできるの?

 有効な遺言をするには、まず意思能力(遺言能力)が必要とされます。意思能力がない場合になされた遺言は無効とされます。民法では、未成年であっても満15歳以上であれば、遺言が出来ることとされています。

遺言を残す場合に考慮すべきことは?

 遺言は、遺言する人の意思をできるかぎり尊重する制度であることは既に述べましたが、それに加えて、残された遺族が争うことなく、円満に財産相続ができるように考慮する必要もあるでしょう。
 そのためには、

  1. 遺言は書面形式で残す(法律的に有効な遺言書とされるためには、厳格な形式要件が求められていますので、法律に則った遺言書を作成する必要があります)
  2. 遺言内容の解釈に誤りが生じないように、分かりやすく簡潔に書く
  3. 遺留分を無視した遺言は極力避ける

といった必要があります。

※遺留分とは、遺族の生活を保障するために、最低限の遺産を必ず相続させる制度です。遺留分が認められる相続人(遺族)の範囲は、被相続人(亡くなった人)の兄弟姉妹以外の相続人とされています。
 遺留分の範囲は、相続人が直系尊属(被相続人の父母など)だけの場合は、遺産の1/3、相続人が配偶者及び直系卑属(被相続人の子など)や、配偶者のみの場合などは、遺産の1/2とされています(民法1028条)。