パスポート申請

パスポート申請の概要

パスポート申請の役割

 パスポートは、それを所持していることによって、言葉の異なる国外においてもその人の国籍や氏名、年齢などを具体的に証明できる、ほぼ唯一の手段となります。
 世界のほとんどの国では、外国人の入国・滞在を許可する条件の一つとして、パスポートの携帯及び呈示が求められますし、普通、自国民の出国・帰国の際にもパスポートの携帯及び呈示が義務付けられています。つまり、パスポートを持っていなければ、世界のどの国にも入国できないばかりではなく、そもそも日本から出国することさえできません。パスポートとは、それほど重要な意味を有するものなのです。
 また、国によっては、あるいは旅行の目的によっては、パスポートの他にビザ(Visa,査証)が必要になります。ビザとは、ある国へ訪問することを希望する人に対し、その国の大使館又は総領事館が、訪問を希望する人のパスポートの有効性や訪問目的、滞在期間、入国の適格性などを審査した上で、訪問させても差し支えないと判断した場合に発行する推薦状のようなものです。

パスポートの種類

 パスポートには、有効期間が5年間(紺色)と10年間(赤色)の2種類があり、どちらを取得するか選ぶことができます。国外に旅行しようとする人であれば、年齢に拘わらずパスポートが必要となりますが、年少者は容貌の変化が著しいなどの理由から、20歳未満の人は、有効期間が5年間のパスポートのみが発給されることになっています。
 なお、パスポートは1人1冊と決められていて、複数所持することはできません。